2008年02月28日

Something 〜・〜な何か・何か〜


★☆-----------------------------------------------------☆★
ビジネス英語も怖くない もう英語が苦手なんて言わせない
えみりん先生の「マジカル・イングリッシュ」↓
NHKラジオ講師えみりん先生の英語が好きになる英語上達法「マジカル・イングリッシュ」
★☆-----------------------------------------------------☆★

英語は使わないとどんどん忘れていきます。
この間友達がおもしろい表現をしていました。
英語の勉強は「くだりのエスカレーターを上っていくようだ」
まさにその通りだと思います。足を止めるとすぐに
落ちていきます・・・。


では、今日は "something 〜"の使い方です。

実はよく日常使います。

意味はそのまま 「〜な何か・何か〜」


【Example】

I want something cold.
(何か冷たいものがほしい)

something のあとには、形容詞(あつい・さむい・つめたいなど)
がきて、「あつい何か・何かあついもの」となります。


◇もうひとつの使い方が

"something to 〜"

「何か〜の物」

【Example】

I want something to eat.
(何か食べる物がほしい)

I want something to drink.
(何か飲む物がほしい)

something to のあとには、動詞がきて
「何か〜の物」となります。

この二つの使い方はよく日常でも使われるので
簡単なのでおぼえましょう!


【おさらい】

では、おさらいとして、並び替えをしてみましょう!

[ ]内の語句を並び替えて、英文を完成させてください。

◆私は何か熱いものがほしい。
[ I / something / want / hot].


答えは次回に。


<前回の【おさらい】の答え>


◆もう一度それを言ってもらえませんか?
 [ repeat / you / could / that / ,please] ?


Could you repeat that, please?

2008年02月25日

うまく聞き取れなかったら、こう質問

★☆-----------------------------------------------------☆★
ビジネス英語も怖くない もう英語が苦手なんて言わせない
えみりん先生の「マジカル・イングリッシュ」↓
NHKラジオ講師えみりん先生の英語が好きになる英語上達法「マジカル・イングリッシュ」
★☆-----------------------------------------------------☆★

以前知り合いの人に
「映画は字幕無しで観れる」と言ったら、
自慢するな!と怒られました(涙)
字幕を見るか聞いたのは、そっちなのに・・・


では、今日は前回の続きで


「相手の言っていることをうまく聞き取れなかったら」

そのときに質問するフレーズをいくつか紹介しましょう。


「すいませんが、もう一度言ってもらえませんか?」

"Sorry. Could you say that again, please?"

「大きな声で話してもらえますか?」

"Could you speak up?"

「もうすこしゆっくりしゃべってもらえますか?」

"Could you speak more slowly, please?"


【おさらい】

では、おさらいとして、並び替えをしてみましょう!

[ ]内の語句を並び替えて、英文を完成させてください。

◆もう一度それを言ってもらえませんか?
 [ repeat / you / could / that / ,please] ?


答えは次回までおあずけです(笑)
posted by ジュン at 10:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のフレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

パードゥン?Pardon?

パードゥン?Pardon?

★☆-----------------------------------------------------☆★
ビジネス英語も怖くない もう英語が苦手なんて言わせない
えみりん先生の「マジカル・イングリッシュ」↓
NHKラジオ講師えみりん先生の英語が好きになる英語上達法「マジカル・イングリッシュ」
★☆-----------------------------------------------------☆★

大学受験時代、単語帳を使ったことがありますが、
自分としてはあまり好きではありませんでした。
周りのみんなは自分で作った単語帳を
電車の中で使っていましたが・・・。


(前回の【おさらい】の答えは一番最後に♪)

では、今日のテーマは


「相手の言葉を聞き返す」

日本語でも、相手に

「今何て言ったの?」

って、聞き返しますよね。

英語でも、そんなフレーズがあります。それが


"Pardon?"
(もう一度お願いします。)
(え、何?)


一番簡単に使われる単語で、よく英会話の本にも
出てきますが、実は結構かたい言い方です。

日常的に使われるのは、


"Excuse me. What did you say?"
(すいません。なんていいました?)


このフレーズは、はじめの "excuse me" がぬけると

ちょっときつい言い方になります。

注意しましょう。


※【おさらい】の答え

「学校に行く」はどちらでしょう?

A:I'm going to the school.

B:I'm going to school.

答えは

B!

この場合、the は建物を指す意味でAは(建物として)学校に
行くという意味です。

Bは、(勉強する意味で)学校に行くということです。

日常的にはBのフレーズが使われます。

今日はここまで!
posted by ジュン at 19:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のフレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

定冠詞って何?

定冠詞って何?

★☆-----------------------------------------------------☆★
ビジネス英語も怖くない もう英語が苦手なんて言わせない
えみりん先生の「マジカル・イングリッシュ」↓
NHKラジオ講師えみりん先生の英語が好きになる英語上達法「マジカル・イングリッシュ」
★☆-----------------------------------------------------☆★

一時期、日常にある全てのものを英語にして
単語を覚えようとした時期がありました。
ただ、1つ問題が・・・。
世の中には、英語で使われているもののなんて
多いことか!日常の3分の1は外来語(特に英語)
です。気にしてみるといろいろ気づくと思います。

では、今日のテーマは


「定冠詞」

英語では 『 the 』 のこと。

定義としては、「特定の名詞を修飾する」こと。

分かりやすく例をあげると

"I like the dog." (私は(その)犬が好き。)

要するに、私はその特定の犬が好き。ということです。

もちろん、犬全般好きですが、この例では特定の犬(例えば、

友達のチワワなど)が好きということです。



この定冠詞、実はかなり複雑で難しいです。このテーマだけで

本が一冊書けるほどでしょう。ですので、ここでは

日常的によく使われるもののみに限定します。


【Example】

"I'm going to the beach."

"Let's go to the movie!"

"Will you give me a ride to the airport?"


【まとめ】

例で取り上げた、ビーチや、空港は会話の中では限定して話していなくても、
どこのビーチか、どこの空港か大抵分かるので、『 the 』をつけます。
というか、あまり深く考えず、『 the ]』を付けてください(苦笑)。

最後に、一番大切なのは、これを言うと元も子もないのですが、
『 the 』が付くのか付かないのか悩むより、まずしゃべりましょう!
間違っていたところで、別にこちらの言いたいことが相手に伝わらない
訳ではないので(苦笑)。『 the 』が付いてなくても意味は伝わります。
臆せず話すことがなにより英語上達のキーです!


【おさらい】

「学校に行く」はどちらでしょう?

A:I'm going to the school.

B:I'm going to school.

答えは次回まで・・・。
posted by ジュン at 14:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のフレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

アメリカと日本のビーチの違い

アメリカと日本のビーチの違い

★☆-----------------------------------------------------☆★
ビジネス英語も怖くない もう英語が苦手なんて言わせない
えみりん先生の「マジカル・イングリッシュ」↓
NHKラジオ講師えみりん先生の英語が好きになる英語上達法「マジカル・イングリッシュ」
★☆-----------------------------------------------------☆★


夏はやっぱり海でしょう!(寒い時には暖かい mind が欲しくなります:))

日本だと、テレビなどで取り上げられるほど、海の家が盛況ですね。

しかし、アメリカのビーチ事情はだいぶ違います。

海の家なんてありません。多くの人はすでに家で水着に着替えてくるか、

その場で、車のかげなどで着替えます。帰りは、大体ビーチのところどころに

簡単なシャワーが設置されていて、そこで砂を落とす程度で、家路に着きます。

もしくは、ビーチサイドにお店がたくさんあるので、そこで食事をしたり、

ショッピングを楽しんだりするのが普通です。


車でビーチへ行くのが、ほとんどなので、みんな必要なものは車に積んできます。

だから、海の家のようなサービスが必要ないんです。

それに、駐車場も完備されていて、値段もそんなに高くありません。

日本のように、ビーチサイドで焼きそばのいいにおいがしたり、かき氷を

食べたりというのは、残念ながら無いですが、その代わり、海岸沿いに多くの

お店があるので、そこでくつろげます。


というように、日本とアメリカのビーチ事情はこんなに違います。

そして最大の違いは、アメリカ人の多くはビーチに行くために、

2時間、3時間もかけていく人は少ないということ。

ビーチに出かける人の多くは、ビーチの近くに住んでいる人なんです!

次回は英語のフレーズを紹介しようと思います。お楽しみに!
posted by ジュン at 23:03 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のフレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

雪にまつわる英語のいろいろ

雪にまつわる英語のいろいろ


都内では、雪が降るのは珍しいので、昨日は一日中テレビで
取り上げられていました。

もちろんアメリカでも、雪のあまり降らないところでは、
雪が降るとテレビで取り上げられます。

アメリカのこどもたちも雪だるまを作ったり、雪合戦を
やったりします。

ところで、雪だるまや雪合戦は英語でなんていうでしょう?


雪だるまは、 "Snow man"

雪合戦は、 "Snowball fight"

そりは、 "Slegde" 又は "sled"

粉雪は、 "Powder snow"

あられ・ひょうは、 "Sleet"

そして吹雪は、 "Blizzard"

など日本語と同じように、いろいろな表現があります。

また雪が降った時には、これらを思い出してみましょう。
posted by ジュン at 23:37 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語のフレーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。